365

09/23

エルシーブターゲットミッション、初めてクリアできてうれしー!
4時間くらいかかったけど!大変だったけど!草生えまくりだけど!
前の、ガマ病院でのミッションがあとちょーーーーっとのとこで失敗してすんごい悔しかった。
完璧だったのに。
エルシーブターゲットミッションは一度失敗するともうそこでプレイできなくなるので、失敗した時の喪失感半端ないです。

何度もプレイしてくごとに47の魅力にハマってってます。
47とダイアナの関係も自分なりに考えてってるんだけど…これはもう男女間の思いとかそんなんじゃないな、と思ってきた。
ダイアナへの絶大な信頼ってどっからきてるんだろ。
20年パートナーやってて、やっぱ数々のミッションから積み重なってきたもの。
47が、あくまでも自分はダイアナの「刃」って位置をわきまえているふしもある。
でも主従関係というものなく、しっかり対等。
指示を出すのはダイアナだけど、あくまでもそれは道しるべとして47自身が行動しているように思う。

47が「彼女は力を求めない、でも責任は果たす」って言葉が本当に印象的で、誰よりもダイアナを知るのも47な気もする。
ダイアナが「彼の弱点は私よ」って言葉も本当に衝撃的で、実際本当だったから、もう、なんか、私の好きの気持ちの表現の語彙消失しました。

ダイアナの方が…一段上を突破できた感じなんだろうか。
47を許せるわけないんだよ、ダイアナ的に。

自ら47に手をかけたことも、すべてプロヴィデンス壊滅のための布石?
アーサーは絶対47を利用すると解っててのことも?
そして47は必ずアーサーを排除するというのも、すべてダイアナの筋書なのかな。
ダイアナの怒りも、47の謝罪も素のようだったけども…。

ラストは和解なのかな。
和解というよりは、ダイアナが譲歩したというか。
それだと、ダイアナはかなり無理やり飲み込んだようにも思う。
47へ「過去を受け入れて」っていうとこ。
それともあれはダイアナの声だけど47の一番弱い部分?
47の所業は許せるものじゃないけど、ダイアナの最終目標はプロヴィデンスの破壊なのだから。

絶大な信頼だからこその筋書、で落としどころつけようとしてますが、それが好きなので自分はそれでいいかな~。
「ちょっと言わせてもらうわね」「マジほんとごめん後悔しかないしツライ」って会話も二人ならできそう。
プレイヤー側も騙すダイアナ様(笑)

そしてすごく今更なんだけど、47って元プロヴィデンスのエージエントってことだよな…。
それがどういう経緯でダイアナの目に留まったんだろ。
そこは偶然なんだろか。
この時点で、47は過去の記憶がないってことだしね。
うーん、巡り合わせが神様のイタズラにも程があるとこも…イイ!!

まだ自信のない構築だけど、これからも何度もムービー見てミッション重ねて考察していきたいなー。
エルシーブターゲットミッションは、その後の二人の活躍だと思ってみてるとすごくアツい。
そして、こんだけ「男女間のことじゃない」って語っておきながらもどっかで47はダイアナへ恋心も持ってる妄想もアツい。
恋心抱いちゃいけないと思うけど頑なに隠す、そういう妄想も…イイ!!
二人でダンスしてるシーン、本当に最高至高。

09/11

アサシンクリードがいよいよ日本を舞台にするっていうニュースでちょっと複雑…。
アサシンの性質そのものが忍者だし共通してはいるけど、舞台が日本って無理ないかい。
封建時代ってすごくざっくり広義すぎてつまりいつ時代なんだろ。
でも弥助とか三浦按針とか、まるっきり外国人がいないとも言えないから作り方なんだろうな。
とはいえ、大好きなゲームではあるのでどう仕上がるか凄く気になる。
これから情報追っていこうと思います。
そう考えると、ゴーストオブツシマはかなり健闘したよな~って印象。
めっちゃくちゃがんばって和風に近づけている。
(でもやっぱ洋ゲーな部分はある)
あと、サッカーパンチが「すごくKUROSAWAしたかったの~!」って思いもめちゃくちゃ伝わる(笑)
元寇が題材だけど、モンゴルと日本両方の文化と歴史をしっかりリスペクトしているのも感じるので、第三者目線のアメリカだから作れたゲームだなーって思いました。
逆言うと、モンゴルと日本は当事者同士だから、この題材センシティブなんだろうなーとも。

09/05

47、お誕生日おめでとう。
ゲーム内容はHAPPYとは正反対の内容だけども。
なんか、すーごくハマってるさなかの事だったので手書きブログ描くのひときわ楽しかったです。
7つの大罪が60%オフなのもあって購入してきました。
ioiの公式サイトにヒットマンの公式グッズたくさんあって欲しい~!
円安が憎い~~~~~!
まだまだヒットマンはブーム続きます。

2022/06 2022/07 2022/08 2022/09 2022/10 2022/11